不妊外来

不妊症の治療について

不妊の治療は、原因に応じて最適な治療法を選択して⾏います。
治療には⼀般不妊治療と⾼度⽣殖医療があります。
⼀般不妊治療の主な治療法には、タイミング法、排卵誘発法、⼈⼯授精が有り、
⾼度⽣殖医療には、体外受精、顕微授精などがあります。
不妊原因を取り除く⽬的で、内視鏡⼿術(⼦宮鏡・卵管鏡・腹腔鏡)も⾏われます。
⼈⼯授精と⽣殖補助医療は⾃費で⾏われる治療です。
選択した治療法で妊娠が得られない場合には、
必要に応じて⾼度な治療へステップアップすることがすすめられます。

⼀般不妊治療

タイミング法

排卵⽇を予測して性交のタイミングを合わせる治療です。
まず、排卵予定⽇より前に、経膣超⾳波検査で卵巣内の卵胞という
卵⼦が⼊っている袋の⼤きさを測定します。
⼀般に、卵胞の直径が20mmくらいになると排卵するため、 この計測値から排卵⽇を推定します。
補助的に、尿中や⾎中の排卵を促すホルモン(LH)の値を測定して、
排卵⽇を予測することもできます。
排卵⽇の2⽇前から排卵⽇までに性交渉があると妊娠しやすいと⾔われています。

排卵誘発法

内服薬や注射薬によって卵巣を刺激して排卵を起こさせる⽅法です。
通常、排卵のない⽅や排卵が起こりにくい⽅に⾏いますが、
タイミング法や⼈⼯授精の妊娠率を⾼めるために、
あるいは体外受精などの⽣殖補助医療の際に使⽤されます。

⼈⼯授精

精⼦に問題がある男性不妊症が主な適応となります。
採取した精液から運動している成熟精⼦を洗浄・回収し、
それを排卵の時期に合わせて細いチューブを⽤いて
⼦宮内に注⼊することで妊娠を試みる⽅法です。

吉澤レディースクリニック

診療時間
9:00 - 12:00
15:00 - 18:00
17時まで

休診:木曜午後・日曜・祝日、土曜午後は15:00~17:00まで診療いたします。

お問い合わせ
076-266-815

※緊急時以外の診療についてのお問い合わせは、診療時間内にお願い致します。

〒920-0355 石川県金沢市稚日野町北295-1
JR金沢駅より約17分 / 駐車場30台分あり